33歳独身男性自営業のJメール日記

最愛の妻を亡くしてから独り身となってしまい、寂しい毎晩を過ごしていました。
毎晩妻を思っては泣いてしまう日々であり、少しでも気晴らしができないかと出会い系サイトであるJメールに登録をしました。
私はインターネットにあまり明るくなく、他人と話すためにはこうした出会い系サイトを利用するのが早いかと思い、口コミサイトにて掲載をされていたJメールを利用しました。
Jメールに登録をしてみたものの、紹介文が悪いのか話し相手は見つからなかったために登録をしている女性のページを見て、こちらから声を掛けようと思い立ちました。
登録をしている女性はどれも綺麗だったので、相手にされないかと思いやや諦め半分で女性を探しました。
そんな時に、どこか妻の面影のある黒髪ショートカットの女性の写真に目が留まりました。
年齢も私と同じくらいだったので、あまり若くないために「おっさん」などと罵られて無碍にされることもないだろうといった安心感から連絡をしてみました。
すると、すぐに返事が着て自己紹介をし合い、話した雰囲気からしてしっとりとした大人の雰囲気であり好印象を持ちました。
それからはその彼女に夢中になってしまい、仕事の休み時間、仕事後などはずっと彼女とやり取りをし続けました。
ややアダルティな会話になった時はネットでのやり取りだというのに性的興奮をしてしまいました。
夜もその彼女を思いながら眠る日々になり、妻を亡くした悲しさもいつしか払拭されました。
そうしている内に、向こうから実際に会ってみないかと持ちかけられました。
私は二つ返事で承諾をし、相手の住んでいる県まで休暇を取って出かけました。
待ち合わせ場所で会った彼女はまるで芸能人かのように美しく、緊張をしてしまいました。
一緒に食事をして夜景を見て、最後にバーに行ったのですがその際に彼女のシャツのボタンが開いていて、誘っているかのように見えたのでそれとなくホテルへ誘ってみました。
すると照れながらもホテルについてきてくれて、男女関係を持ちました。